このえのこ

OmManiPedmeHum

石と型染の日日

ラブラドライトレッセンス







ラブラドライトレッセンス
曹灰長石
このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

安楽寺 くさの地蔵縁日

事始め
みんなに会えるしあわせ

#住連山安楽寺 #くさの地蔵縁日

このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
2018.元旦

このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

2017の出来事

2017
2月25&26日ZINE DAY TAIWAN
in台湾
型染zine参加
4月1日〜4月28日岡田路世の型染め展示、まんまん堂
4月28日彫刻家三田一之作品展示との演奏会、住蓮山安楽寺
4月30日岡崎ワンダーマーケット出店
6月7日(水)〜11日(日)アートピクニック、住蓮山安楽寺
6月10日(土)夜のアートピクニック演奏、住蓮山安楽寺
6月21日(水)須田郡司石の語りべ「甦る巨石信仰」(スライド&トーク)、住蓮山安楽寺
7月15日(土)Feels出店、住連山安楽寺
7月16日(日)Feels演奏と出店、住連山安楽寺
8月5日(土)神戸のKIITOにて「おかえるいち なぁ〜ツ祭アーツでかわる アーツでかえる 2017」へ
草木染型染めを展示
https://artsdekaeru.jimdo.com/2017-1/exhibition2017/<br /> 10月7日(土)具なし焼きそば祭、モアレ店に型染め
10月29日(日)美輪巡礼路、住連山安楽寺
10月2日(月)から10月31日(火)まで
第三回りんご展、平めぐみと岡田路世の2人展、まんまん堂ギャラリー
11月12日(日)糺ノ森ワンダーランド、モアレエリアにてこのえのこ出店
12月5日(火)〜17日(日)三条富小路書店 8、ギャラリーh2o 、型染め本
このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

第2回 美輪巡礼路 ありがとうございました

第2回 美輪巡礼路へお越し下さり誠にありがとうございました。

こうして舞踏家 稲垣美輪子さんの等身大の魂の舞踏を目撃できるよろこびがあるからこそ続けられているのだと思うのです。
私たちは互いに引き出し合い、成長させていただいているのだと感じます。

雨のなか来てくださった観客の皆さま、助けてくださった方々、住連山安楽寺さま、ありがとうございました。

皆さま、第3回 美輪巡礼路もよろしくお願いします。



___________________



鑑賞していただいた方より
「二人が 素で ほんとうに そこが よかった。 なんの演出もなく 素。」
この言葉をいただいた時たまらなくうれしいかったのです。
わたしたちの目指すところはきちんと届いていたのだなと。

昨年からの反省点として、突然のやり過ぎた古い演出のようなものが拭いきれずにありました。
とても驚き残念でした。
しかし今回は、一度すべてを洗い落としシンプルなやり方で行いました。
まずは、原点に戻りました。
きっかけとなる2人の糺ノ森での会話など。
原石の素直な透明さや光のふくみ具合のような。

舞踏家 稲垣美輪子さんのつくる構成がこうして形となったことに感謝します。

皆さま、本当にありがとうございました。


お写真
類子さん、竹むーろ


















このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

最終ミーティング 美輪巡礼路

第2回 美輪巡礼路の衣装も完成して、最終ミーティングも終える。

彼女の舞踏は生と死と間の表現力がすごいのです。


konoenoko.jimdo.com
?美輪巡礼路
このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

第2回 美輪巡礼路








この度、第2回美輪巡礼路公演をすることになりました。
皆様、是非ご来場頂けましたら嬉しいです。


【第2回 美輪巡礼路】

〜かさなり つながり はなれては 包まれる〜

日時:2017年10月29日(日)
開場14時、開演14時30分

舞踏と水晶演奏

舞踏:稲垣美輪子
演奏:岡田路世


会場:住蓮山安楽寺
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21
http://anrakuji-kyoto.com

詳細
http://konoenoko.jimdo.com

#美輪巡礼路
このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

夏至の日、住連山安楽寺【須田郡司・石の語りべ「甦る巨石信仰」(スライド&トーク)】
























2017.06.21
夏至の日、住連山安楽寺さまにて【須田郡司・石の語りべ「甦る巨石信仰」(スライド&トーク)】を開催させていただきました。

皆様、お足もとの悪い中、お運びいただき、誠に恐れ入ります。

本堂で住連山安楽寺の由来を御住職の光順さんにお話ししていただき、
書院にて
谺堂の守山鷲声さんによる石笛、
須田郡司さんによる写真スライド&トーク。巨石の持つ魅力、世界中の巨石、出雲の巨石、古の巨石信仰の復興、等々 巨石、石の持つ魅力を須田さんの写真とともにたっぷりと語っていただきました。

おかえり姉妹によるお三味線の演奏、雨の音と法然院さんの鐘の音、蛙の鳴き声と共に響きました。
かつての建築と同じ素材でできている書院。それは、木と土と水と植物の建築物。そこで聴く音というものはまた格別な響きとなりそして、おかえり姉妹のおふたりの奏で出すお三味線の演奏で更に格別なものになりました。

碁石茶、オードブル、和菓子、マコモマフィンをいただきました。
あっという間のひと時となりました。

皆様
ありがとうございました。

2018年の夏至の日にお待ちしております。

このえのこ

このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

須田郡司スライド&トーク住連山安楽寺








須田郡司・石の語りべ
「甦る巨石信仰」(スライド&トーク)

日時:6月21日(水) 2017 夏至 14:00〜17:00(受付13:30)
会場:住蓮山安楽寺
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21
料金:3.000円


夏至のテーマ『甦る巨石信仰』
昨今、ア二メーション映画「君の名は。」によって聖地巡りがブームになっていると聞きます。この映画には神社のご神体の巨石が登場するシーンがありますが、石文化には古の人々が築き上げてきた大切なメッセージが隠されているように思えます。日々の多忙や喧騒に流されながらも聖地と呼ばれる場所にふと行ってみたくなるのはなぜなのでしょう。そこに大切な“何か”があることを魂が知っているのかも知れません。 近年、忘れされつつある巨石信仰が、少しづつ復活しているような場面と出合います。2017夏至、安楽寺さんでの石の語りべは、『甦る巨石信仰』と題しお話をさせていただきます。みなさんのお越しをお待ちしております。
須田郡司


プロフィール
1962年、群馬生まれ。出雲市在住。
巨石ハンター・フォトグラファー・石の語りべ。国内や世界50カ国以上を訪ね、聖なる石や巨石を撮影。「石の語りべ」として全国を回り、その魅力を伝える活動を続ける。出雲ロックツアー「出雲 の聖なる石を訪ねる」を開催。
著書:『VOICE OF STONE』(新紀元社、1999)、写真集「日本の巨石〜イワクラの 世界」(星雲社)、「日本石巡礼」「世界石 巡礼」(ともに日本経済新聞出版社)、新書「日本の聖なる石を訪ねて」(祥伝社)などがある。
須田郡司公式サイト:http://www.sudagunji.com



Timetable
13:30 受付
14:00 挨拶、住蓮山安楽寺由来
14:10 スライド&トーク「甦る巨石信仰」
15:40 休憩
15:50 三味線演奏
16:10 お茶会
17:00 終了


巨石語りべ 須田郡司
菓子 まないな
和菓子 御菓子丸
オードブル 樋口加代子
三味線 おかえり姉妹
天然石採取展示 stonetatsuya
鉱物盆栽 田中美穂植物店・このえのこ



申し込み方法
必要事項を明記の上、お申し込みください。
予約・お問い合わせ:michiyookada◯gmail.com
(◯を@にしてください)
件名:「須田郡司、石の語りべ」
 お名前、ご連絡先、ご予約人数
*予約なしでも御来場出来ます。予約なしの場合お茶会の食べ物には限りがあります。
HP:http://konoenoko.jimdo.com


会場へのアクセス
哲学の道より一本山際の、通称“隠れ道”に面しています。法然院さんの南側。
石段の上に見える山門が目印です。
「真如堂前」バス停から徒歩約10分です。
京都駅から:市バス5系統「岩倉操車場」往き「真如堂前」下車
四条河原町から:市バス203系統「祇園・錦林車庫」往き「真如堂前」下車
住蓮山安楽寺:http://anrakuji-kyoto.com



表紙写真:神在神社の神石(福岡県)

チラシ文字:林まゆみ
チラシデザイン:岡田路世







このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

アートピクニック安楽寺

アートピクニック2017

住連山安楽寺

6月7日(水)〜11日(日)10時〜16時


夜のピクニック
10日(土)
参加費千円(要予約)
18時〜お食事と演奏
19時〜クリスタルボウル演奏岡田路世















このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |