このえのこ

OmManiPedmeHum

石と型染の日日

古代湖と御酒

古代湖

お正月のお酒を湖のほとりにて




日々 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017の出来事

2017
2月25&26日ZINE DAY TAIWAN
in台湾
型染zine参加
4月1日〜4月28日岡田路世の型染め展示、まんまん堂
4月28日彫刻家三田一之作品展示との演奏会、住蓮山安楽寺
4月30日岡崎ワンダーマーケット出店
6月7日(水)〜11日(日)アートピクニック、住蓮山安楽寺
6月10日(土)夜のアートピクニック演奏、住蓮山安楽寺
6月21日(水)須田郡司石の語りべ「甦る巨石信仰」(スライド&トーク)、住蓮山安楽寺
7月15日(土)Feels出店、住連山安楽寺
7月16日(日)Feels演奏と出店、住連山安楽寺
8月5日(土)神戸のKIITOにて「おかえるいち なぁ〜ツ祭アーツでかわる アーツでかえる 2017」へ
草木染型染めを展示
https://artsdekaeru.jimdo.com/2017-1/exhibition2017/<br /> 10月7日(土)具なし焼きそば祭、モアレ店に型染め
10月29日(日)美輪巡礼路、住連山安楽寺
10月2日(月)から10月31日(火)まで
第三回りんご展、平めぐみと岡田路世の2人展、まんまん堂ギャラリー
11月12日(日)糺ノ森ワンダーランド、モアレエリアにてこのえのこ出店
12月5日(火)〜17日(日)三条富小路書店 8、ギャラリーh2o 、型染め本
このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |

三条富小路書店8へ参加させていただきました

三条富小路書店8へ参加させていただきました。スタッフの皆様お世話になりました。ありがとうございました。

型染め手ぬぐい本をご購入して下さった方、ありがとうございます。
誰だろう〜。


型染染色 | comments(0) | trackbacks(0) |

りんごキャラメリゼのケーキ

りんごキャラメリゼのケーキ焼いてもらいました

日々 | comments(0) | trackbacks(0) |

型染め「饕餮文」

型染め
「饕餮文」



饕餮 青銅器
official/2014/10/13/張光直%E3%80%80
「中国青銅時代」%E3%80%80共餐と饕餮%E3%80%80part2/" target="_blank">http://uedanobutaka.info/official/2014/10/13/張光直%E3%80%80「中国青銅時代」%E3%80%80共餐と饕餮%E3%80%80part2/


#型染め



型染染色 | comments(0) | trackbacks(0) |

型染め「吉祥 簑亀亀甲」

型染め

吉祥
簑亀亀甲

藍染、柿渋

#型染め



型染染色 | comments(0) | trackbacks(0) |

三条富小路書店 8

この季節恒例の企画展示へ今年も参加させていただきます。

型染め手ぬぐい本を3冊作りました。
オマケも付いてきます。

【三条富小路書店 8】
2017年営業日 12月5日(火)~17日(日)/12:00~19:00/月曜定休
京都・三条富小路にあるギャラリーh2oが様々なジャンルの本を販売する2週間限定の本屋さんに変身するイベント。
https://bookkyoto.wixsite.com/home





型染染色 | comments(0) | trackbacks(0) |

型染め 「薬草 標本」

型染め

薬草 標本

型染染色 | comments(0) | trackbacks(0) |

安楽寺 くさの地蔵縁日

簡易式
型紙展示
型染め
バリ島溶岩製ガネーシャ側

型染染色 | comments(0) | trackbacks(0) |

第2回 美輪巡礼路 ありがとうございました

第2回 美輪巡礼路へお越し下さり誠にありがとうございました。

こうして舞踏家 稲垣美輪子さんの等身大の魂の舞踏を目撃できるよろこびがあるからこそ続けられているのだと思うのです。
私たちは互いに引き出し合い、成長させていただいているのだと感じます。

雨のなか来てくださった観客の皆さま、助けてくださった方々、住連山安楽寺さま、ありがとうございました。

皆さま、第3回 美輪巡礼路もよろしくお願いします。



___________________



鑑賞していただいた方より
「二人が 素で ほんとうに そこが よかった。 なんの演出もなく 素。」
この言葉をいただいた時たまらなくうれしいかったのです。
わたしたちの目指すところはきちんと届いていたのだなと。

昨年からの反省点として、突然のやり過ぎた古い演出のようなものが拭いきれずにありました。
とても驚き残念でした。
しかし今回は、一度すべてを洗い落としシンプルなやり方で行いました。
まずは、原点に戻りました。
きっかけとなる2人の糺ノ森での会話など。
原石の素直な透明さや光のふくみ具合のような。

舞踏家 稲垣美輪子さんのつくる構成がこうして形となったことに感謝します。

皆さま、本当にありがとうございました。


お写真
類子さん、竹むーろ


















このえのこ | comments(0) | trackbacks(0) |